笑顔の魔法

 本日、豊川市体育館では剣道部、隣の豊川球場では野球部が東三大会でした。(水泳部は先週でした)その他の部活動も暑い中、本当にお疲れさまでした。明日も試合が続く子たちもいます。体調を崩さないように頑張ってくださいね。

少し余談です。

我が家の息子は、6歳のころ、空手道を始めました。初めは主人(塾長)に連れられて、足取り軽く♪稽古へ向かった日のことを今でも鮮明に覚えています。ある日、空手道一筋の息子が突然、「野球もやりたい!」と。最初は驚いたものの、しばらく様子を見ていてもその野球熱が冷めることは無く、ついには空手道に少年野球が追加となったのでした。

野球チームへの入団を機に、主人は野球のルール本を読んで猛勉強。一方私は、スポーツをする子の栄養学の本など、違った分野で何とか息子の役に立てないかと勉強しました。それからは平日は空手道、休日は少年野球と言う少しハードな生活に・・・。

中学へ入学したある日、今度は、「母さん、俺、剣道、やってみたい!」と。驚く私に、「体験したら面白かった!空手に通じてる気がする!向いてそうじゃない?やれそう!楽しそう!」と、あまりにも屈託のない顔で・・・・はっきりと・・・・真っすぐに・・・・目を輝かせて言ってくるので、「いいんじゃない?やりたいと思ったことをやるのが一番だよ!」なんて、言ってしまいました。空手道と野球を続けていくものだとばかり思っていましたが、ここまで直球で意思表示されると、応援する他、選択肢は見当たらず・・・。結果、空手道を継続し、野球に代わって剣道を始めることになりました。

それから、また、主人と私は、野球が始まった時の様に、慌てて剣道のことを一から勉強したのでした。

我が子だからでしょうか・・・。

息子の選んだ道に沿っていくことは大変だとはとは全く感じず・・・むしろこんな世界があったんだ!と、今では気づかされ、私たちをこんなにも楽しませてくれているのでした。

息子が幼かった時は、私たちが手を引き、息子の先を歩いていたのに 気が付いたら私たちがその頑張りに、背中を押され、今度は息子の背中を見守りながらその後ろを歩んでる・・・。息子が見ている世界を私も見れている気がして、結果として、大変なのに楽しく、大変なのにワクワクした日々をプレゼントしてもらった様な・・・そんな気がします。

 子どもが「やってみたい!」・・・ そう言った時、子ども自身はキラキラした目で本当に生き生きとした表情を見せます。そして、親御さんたちもその思いを何とか形にしてあげたいと一緒に歩んでみえるのではないでしょうか。朝早いお弁当作りも、送迎も・・・そして疲れて帰ってくる子どもたちに食事を作り、結果も気持ちも一緒に受け止める親御さんは本当に大変だと思います。

実際・・・ 実は・・・私も大変なのです。

ですが、不思議です・・・。

我が子の笑顔を見ると、全てが充実感に変わってします。我が子の笑顔は、そんな、魔法のようなすごいパワーがあるのです。

今日は、応援席から親御さんたちと一緒に応援し、会場の熱気と武道独特の緊張感で胸がいっぱいになりました。

勉強でもそうですが、「できるようになりたい!」そう思った、その瞬間が「伸びる時」です。その瞬間を見逃すことなくしっかりキャッチしたいです。

既にスイッチが入っている子もいますが、あと少しで入るかな・・・・?と言う子もいます。自ら気づき、前へ進められるように、塾内の雰囲気作りや声掛けはもちろん、学習指導に全力を尽くしていきたいと思います。

今年の夏期講習会は、朝から丸一日と言う日もあり、大変だと思います。みんなで一緒に頑張れば、きっと、大変だけど楽しく、大変だけど充実した夏休みになるのではないかと思います。

みんなで この夏を乗り切りましょう!

 

長くなってしまいました。最後まで読んでくださり ありがとうございました

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です