第5回全県模試終了!

本日は全県模試の受験日でした。

中3生にとってはこの模試が志望校決定のための最終となります。

この時期は、私立高校に決まる塾生、公立高校を受験する塾生、それぞれの進路によって進む道が異なっていきます。そんな中、「私立の特待で決まりました。」「私立の○○高校でバスケを頑張ります!」などと一足先に4名からの私立内定報告を受けています。中には高校側からの特待生として話があった子もいました。

先日の事・・・・・「みんなの入試が終わるまで、しっかり勉強を続けたいです。私立に決まったけど、来てもいいですか?」と、話に来てくれた子がいます。

私立高校の推薦は、公立高校の合否よりも1カ月ほど早く合格の2文字を手にすることが出来ます。でも、この子たちはもう既にその先を考えて、自分に今できることを最大限にやろうと努力しているのです。ここまで頑張って来たんだし・・・少し休憩したいな・・・ きっとそう思った時もあったでしょう。でも、仲間が頑張る姿を見て、きっと、自分も頑張ろう!と決めたのだと思います。真っすぐな目を見ていたら、この子はきっとこれからも自分の足でしっかり進んでいけるな。心配ないな。と、感じました。

今年の受験生は、小学校の頃から通ってくれた子が多くおり、模試受験日に制服を着て、キリっとした表情で塾に来てくれた姿を見ていたら、嬉しい気持ちと、もうすぐ卒塾して行くんだな・・・ と言う 少し寂しい気持ちになってしまいました。当たり前の言葉ですが・・・本当に心も身体も大きく、たくましくなりました。

入試まで、後、2カ月!

塾長先生、麻衣子先生、富永先生、菜月先生、小林先生、奏子先生、杉山先生、青羽先生、あみ先生、柚月先生、拓也先生、瞬先生(*^-^*)

塾生の表情が少しく曇っただけでも、すぐに気づき、心配してくれたり、授業前に予習をしてくれたり、優しく熱意あふれる先生ばかりです。受験までの2カ月間、悩んだり、不安になったり、苦しい時もあるでしょう。そんな時は先生たちに声をかけて下さいね。みなさんの様に、受験を乗り越えた先生たちがきっと良き理解者になってくれます。先生たちも心を一つに全力でアシストして行きます!

サクラサクその日まで、一緒に頑張ろう!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です