言葉のむこうにある風景

先日、「作文・読解授業」の最終回を実施しました。(新学年からも続きます)

もしも話すことばが目に見えたら

ことばの使い方は変わるだろうか? ベストセラー『幸福な質問』(新潮社)や「ハオハオ」「あめふりりんちゃん」などの作詞でも知られる、おーなり由子が、日々の言葉の向こう側にある風景を詩のように描く「ことばと絵の本」。この本を読んだ後、大人も子どもも、きっと言葉の使い方が変わります。ことばのかたち | おーなり 由子 |本 | 通販 | Amazon

「みんなが話す言葉は、どんなかたちや色をしていると思う?」

と聞いてみました。

「ピンク色!」「二重丸~!」「かたちや色?透明?!え~ 何色なの?」
と、授業が始まる前から大盛り上がり。

今回は、大きなスクリーンで読み聞かせ会を行いました。

小学生のこの時期に、ぜひ、読んでほしい本だと思ったので選びましたが、読んでいる大人でも気が付くと目に涙が・・・(´;ω;`)

毎日消えていく、話し言葉の向こうの 心のかたちをさがす

大切な人に、花のようなことばを届けることができるように

届いたことばが木漏れ日の様にわらいますように

そして、

「黙っている」と言う、言葉の向こうに豊かな森が広がっているかもしれない・・・

そんな風に、自分の言葉も、お友だちの言葉も、大切にできるといいですね。

 

ドキドキの(?!)意見発表会は、大きな声で素晴らしかったです。

 

作文読解授業は、スタートしてから大変好評です。

インプット力を高める国語を大切に!小学部の授業も一緒に頑張って行きましょう。

令和3年度からの作文読解授業はますますボリュームアップ!お楽しみに。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です